スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

エアコンのコポコポ音

エアカットバルブ

関東も梅雨入りし、蒸し暑い夜も多くなってきました。
寝付きが悪い夜も多くなってきた人もいるのではないでしょうか?

当社のホームページでの検索キーワードやお客さまからの質問なので結構あるのが
エアコンの「コポコポ音」です。

これは特に最近の高気密住宅の場合、給気(外から入ってくる空気)不足になっている家も多いのが原因です。
特に室内の窓を閉め切っているときに、レンジフードなどの排気量の多い機器を動かした場合など、
室内が負圧(空気が薄い状態)になるので、エアコンから外の空気を
引っ張ってしまい「コポコポ音」がすることがあります。

上の写真はエアカットバルブというものですが、これを外のエアコンの排水(ドレン)に取り付けると
「コポコポ音」が軽減される場合があるので、気になる方は取り付けてみてはいかがでしょうか?

値段はホームセンターなどでも600円~850円くらいであり、取り付けも簡単なので
夜にコポコポ音で眠れない方は一度試してみるのも良いかもしれません。
スポンサーサイト

テーマ : 住まい リフォーム
ジャンル : ライフ

2010-06-17 : リフォーム : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

3年後には全ての給湯器がエコジョーズに!

(社)日本ガス石油機器工業会と日本ガス体エネルギー普及促進協議会によると、2013年3月までに、ガス機器メーカーが生産する全てのガス給湯器を潜熱回収型ガス給湯器「エコジョーズ」に切り替えることを決定し、6月10日に「エコジョーズ化宣言2013」を表明するというニュースがありました。

当社でも自社で直接受注のガス給湯器はエコジョーズのみを扱おうと決めましたが、環境やこれからのことを考えればすごく良いことだと思います。

給湯器の寿命は約10年~15年程度なので、この先、20年くらいすれば日本にある給湯器は全てエコジョーズってことになれば素晴らしいことになると思います。

ちなみに現在の補助金制度は無くなるかもしれないので、寿命が近いご家庭の方は早めに検討されるのも良いかもしれません。

 

テーマ : 住まい リフォーム
ジャンル : ライフ

2010-06-14 : リフォーム : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

給湯器を取り替える場合にはまず。

今回は給湯器の取り替えに関しての話です。

みなさん以外に思われるかもしれませんが、家庭でのエネルギー消費量の約1/3が給湯のために使われていると言われています。最近ではパソコンの普及や大型テレビなどますます家庭での電力が増える中、給湯にこんなにもエネルギーが使われているのは、驚くばかりです。

今、給湯器は従来のガス給湯器のほかにも、エコに特化した給湯システムがいろいろ発売されています。エコジョーズ、エコキュート、エコウィル、エネファームなど、、逆にいろいろありすぎてどれを選べば良いのかもわからないのが正直な所だと思います。

一般的に広く普及していると思われる瞬間式のガス給湯器からの交換は商品コストや工事費の面からエコジョーズが一番交換しやすいと思われますが、一体どのくらい変わるのでしょうか?

メーカー試算によると従来のガス給湯器と比べた場合、年間約15,000円程度のガス料金の節約になるそうです。従来のガス給湯器とのコスト差を考えた場合、約4年程度で価格差を埋めることが出来ます

また、耐用年数が15年持ったとして考えると、

15年-4年=11年分
11年×15,000円=165,000円


165,000円の差はかなり大きいと思われ、そう考えれば高効率給湯器のすごさがわかります。
実際に従来のガス給湯器よりは商品金額が高いのでなかなかみなさん二の足を踏まれるのですが、温室効果ガスの問題やこれからのことを考えた場合、きっと納得してもらえると信じています。

テーマ : 住まい リフォーム
ジャンル : ライフ

2010-06-03 : リフォーム : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

キッチンの選び方 その1

キッチンのリフォームを考えている方はどういった理由でリフォームをしたいとお思いでしょうか?

使い勝手をよくしたい
整理が出来ないので収納便利に
対面キッチンにしたい
など いろいろあると思います。


毎日使う場所だから、またキッチンは水回りのリフォームの中でもコストも比較的大きなものなのでリフォームしてから後悔しないようにしっかり選ぶことが大切です。そこで良かった点、悪かった点などをあげてみたいと思います。

~良かった点ベスト5~

1.引き出しがゆっくり閉まるので勢いよく閉めても中の食器がガタつかない。
2.収納カゴごと下に降りてくるので脚立がなくても中身を取り出せて便利。
3.キッチンパネルにしたらタイルと比べて掃除がカンタンでキレイになる。
4.シンクが静音タイプなのでテレビのボリュームを上げなくても良くなった。
5.ハンドシャワー水栓はシンクを掃除するときに隅々まで流せるので便利。


~悪かった点ワースト5~

1.身長170センチと高いので天板の高さが85センチでは低すぎて腰に負担が掛かる。
2.排水口がシンクの真ん中にあり洗い物のとき塞がれて水がたまる。
3.吊り戸棚を付けたけど脚立に乗るのが面倒、手元に降ろせるタイプが良かった。
4.オープンキッチンにしたけど、来客などを考えるとクローズドにすれば良かった。
5.一番下の引き出しを開けるとキッチンマットが引っ掛かる。


など、一部ですが色んな意見があります。当然、カタログやリフォームチラシなどでは伝えきれない部分や思いはたくさんあるので、ショールームや専門家から実際にライフスタイルや生活環境などを考えた時にどんな機能やタイプのキッチンが良いのかアドバイスを受けるのも良いかと思います。

当社のキッチンリフォームについてのサイトも参考に…

調理以外にも収納や掃除などの効率が上がれば満足度は高まります。実際にリフォームしたけど後からこうすれば良かったなどの失敗談も耳にします。ショールームでカウンターの高さを確認したり、吊り戸棚へのモノの出し入れをイメージすればうまくいったケースも多いです。金額やデザインだけではなく実際に使用したときをイメージして色んな角度から選ぶのが重要です。

テーマ : 家づくりブログ
ジャンル : ライフ

2010-05-27 : リフォーム : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

省エネトイレでCO2はどれくらい減る?

neorest

TOTOから4.8リットルの水量で流せるエコなトイレが発売されていますが、水道代もさることながらCO2削減の点からも注目している製品です。メーカーによる試算などは公表されていますが自分なりに計算をしてみました。
CO2の産出量は環境省が公開しているCO2係数がありますが、水道の場合自治体等により浄水にかかるCO2の排出量が違います。東京の場合ですと、1m3あたり0.70がCO2係数となります。
これを10年ほど前まで広く普及していたタンク容量13リットルのトイレと比べてみると。

13リットル - 4.8リットル = 8.2リットル(1回使用あたり)
5人家族が1日、3回づつ使用するとして。
8.2リットル × 5人 × 3回 = 123リットル (1日あたり)
1年間では 123リットル ×365日 = 44,895リットル(約45m3)にもなります。


CO2係数 0.70(東京都)を掛けると
45m3 × 0.70 = 31.5kg(1年間) のCO2削減となります。
これはペットボトル換算ではなんと7,733本にもなります。

これは1世帯あたりの削減量なので今後こういったトイレが普及していけば相当数のCO2の削減が期待できます。
上下水道料金で計算しても少なくとも年間10,000円程度は削減出来るので買い換えやリフォームをお考えの方は
検討してみるのも良いかもしれません。

水回りなどの省エネリフォームについて気になることがあれば当社のホームページでもいろいろ記事もあるので是非ご覧ください。
2010-05-24 : リフォーム : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
ホーム  次のページ »

プロフィール

日本プラミング株式会社

Author:日本プラミング株式会社
京都・東京で設備設計施工、水廻り&エコリフォームを営んでいる日本プラミング株式会社です。私たちが特に力を入れて取り組んでいるエコリフォームなどの話題をご紹介できればと思っています。

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

08月 | 2017年09月 | 10月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


緑のgoo

毎日の検索で環境貢献
このパーツから
Powered by

世界にひとつだけのSEO

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。